私のむくみにならない身体作り

むくみは女性なら誰しもが気になることですよね。

高校性のときから、むくみに対して異常なくらい気にするようになり、かれこれ10年以上むくみと向き合いながら生活しています。

そこでわかったことは、日常生活で、少しでいいから、気に掛けること。つまり、食事であったり、運動であったり。

これは一般的で、皆さんも承知ではあると思いますが、では具体的にどうすればいいのか。わたしの場合をご紹介したいと思います。

むくみ対策 食事(料理)

塩分

むくみの大敵「塩分

しかし、これがないとお料理は美味しくなりません。

塩分は、摂りすぎなければいいのです。と思い、味付けでしょっぱくならないように気を付けています。そこで「だし」の登場です。

特にかつおだしや、昆布かつおは味にぐぐぐーっと深みを出してくれます。

だし多め+少しのお塩 で、減塩効果

ほかにも、酢を料理に使うことをオススメします。

酢は不思議と塩分を感じさせる調味料で、たとえば、納豆にりんご酢(なにかフルーツビネガー)を入れると、お醤油でなくとも味がしっかりつきますし、かきまぜるとふわっふわっで、味も少し甘めになっておいしいです。

では、「今日は塩分とりすぎちゃったかも。。」という日はどうするかというと、食事の最後に「りんご」「柑橘類」を食べます。

みかん

これらのフルーツには、塩分を排出してくれるカリウムが含まれているので、食後に食べることにより、その効果を促します。

また、最近ではカリウム系のむくみサプリというものが人気があり。薬局などでもよく見かけます。

料理で塩分を控えつつ、むくみサプリで代謝をあげると、効果も早く効率的です。

インターネットで調べてみると、むくみサプリの特集サイトなどもあるので参考にしてみてください。

  • 塩分を控える
  • 酢を摂る
  • カリウムを摂取する

むくみ対策 寝る前

足のマッサージ

一日のむくみを取っておかないと、むくみって次の日まで持ち越すこともしばしばあります。そこで、寝る前にむくみをとっちゃいます。

ふくらはぎの血流を良くする

まず、ふくらはぎの血流を良くするために拳で、とんとんとんとん、ふくらはぎを殴っていきます。ソフト~イタ気持ちいいくらいの強さです。片側20回でもいいのでやります。

そして、寝っころがり、脚全体を壁に立てかけます。横からみるとL字になっているくらい。脚は全部壁にはつけず、足先(かかと)だけ壁についている感じです。これはベッドでも床でもソファの上でも、壁がそこにあればできます。

これでむくみがとれたな~と感じるまで上げています。血の気は引いてきますが、大丈夫です。むくみも引いていきます。

私はこれで30分~ひどいときは1時間やっています。

時間があったら、このあとマッサージします。

足裏をもみ、足首から膝裏にかけて流すように撫でるようにマッサージします。そして膝裏から太ももの付け根にかけて同じようにマッサージします。最後にふくらはぎを雑巾をしぼるようにしごきます。それは足首から膝裏にかけてぎゅっぎゅっとやります。これで、つぎの日もだいぶ楽です!!気持ちよく一日を過ごせます。

立ちっぱなしのなどの仕事とむくみの関係

私は足腰がとても弱くて、いつも長く歩いたり立ちっぱなしのなどの仕事をしたら足がむくみます

お風呂に入れば直りますから温かくしたら良いのかな?といつも思いますが中には冷たくしたら良いと言われる方もおられます。若い時は、そうもなかったんですが40代になり気になるようになりました。最近、二時間近く歩く事があり休みながら歩いたんですが、その日の夜は足がパンパンになり大変でした。

糖尿病とむくみの関係

hso

私は糖尿病があるので、それも関係していると思うのですが、足がむくむと言う事はあまり良くない事なんで将来歩けなくならないかと不安になります。
足が弱いから良くつまづいたり、転びそうになったりしてしまうのですが靴下を脱いだら良く分かります。

足がむくむ事から靴下や靴を選ぶのも考えたりしますが靴下は夏は通気性の良い靴下を履き冬は寒いからヒートテック素材の靴下を履いてますが夏は良いのですが冬は厚みのある靴下を履くので靴を気を付けて軽くて通気性の良い運動靴タイプで仕事をするように心がけています。仕事は立ちっぱなしの仕事なので靴もむくみを防ぐ為には重要になってきますので靴選びは慎重になります。

むくむのは持病の糖尿病のせいでもあるかも?しれないので足の血の循環も悪いのではないかと思っています。

糖尿病は足を切断したりと足が壊死する怖い病気なので気を付けて行かなければならないと思っています。
結局は血の巡り、血の循環が悪くて壊死するのでしょうから本当に怖いです。

癌の方も最後は足がむくんでパンパンに腫れ上がり最後は見られないようにむくむのを自分の親で見てきていて怖いと思いました。むくんでいるのに知らない顔をして放置していたら将来は病気になった時に後悔をしそうな気がします。そうならない為にも日頃からの気を付けが必要ではないかと思います。足のマッサージもむくみには効果が大だと思いますから、お風呂上がりには自分でマッサージしてあげるのも良いと思います。

同じ姿勢も良くないから座ったままや立ったままも考えないといけません。

私は体重がそんなに重たいほうではないので足の負担もそこまでではないかと思いますが寝る前の水分を控えたりと色々試してみて、いつまでも自分の足で歩きたいです。とりあえず自分の出来る事から率先してからやっていきたいと思います。

パソコン作業の肩こりとむくみ

現代は座りっぱなしの作業が多く、パソコンでの作業は特に動くことはありませんし、顔も同じ表情でずっと画面と向き合っているわけですから
足や顔がパンパンになってしまいます。私の自分なりのむくみを取る方法を書きます。

むくみというのは、同じ体制でいたり、ブーツなどで足が締め付けられてできます。動くことでむくみを少しでも減らすことができますので、むくみを意識して行動をしています。

定期的に身体をほぐすクセをつける

pc2

まず、仕事でデスクにずっといる場合ですが、1時間に一度は立ち上がって背伸びをします。その時に足の踵も上げて下ろしたりの繰り返しをし、深く深呼吸をします。動くことで足のふくらはぎの血流がイイ状態で流れ、血もリフレッシュされると思います。

あと、パソコンの画面を見ながら顔の体操をしています。口を大きく開けたり、舌を口の中で回したり、手で顔を撫でるようにマッサージをするのもいいと思います。
ただし、他の人に見られると恥ずかしいので、私は何気にやっていますが。

会社の中で移動する時はエレベーターは使わずに階段を利用します。これだけでも違うはずですよ。私は、階段利用するときは1段抜かしで行き、わざと足のストレッチをするように1段抜かしでゆっくり上っています。個人的ですが、私はこのおかげで調子がイイです。

スクワットなどで脚の筋肉に刺激を与える

家に居るときも意識して動くようにしています。洗濯物を干す時ですが、カゴから洗濯物を取り上げる時に、スクワットをするように足をおろし、屈伸方法で洗濯物を取ることでふくらはぎの刺激を目的としています。

テレビを見ている時は、ずっと座っているだけではなく、1時間に一回は立ち上がってその場で歩くようにももを高く上げてその場ウォーキングをします。テレビを見ながらできますので、苦にはならないと思います。あと、テレビを見ている時は、足を伸ばしてストレッチをしたり、ふくらはぎをマッサージをして足に刺激を与えています。

これらの動きを毎日やることで私のむくみは解消され、気なることはありません。

電車移動の時は絶対に座りません。吊革に捕まりながら背伸びをして、踵の上下運動をしています。周りに気付かれないようにしていますが。

運動が苦手な方は、動くということを意識してみてはいかがでしょうか。何気にやっている動きがむくみ解消のヒントにもなりますし、私が紹介した動きは辛くないと思いますのでぜひ試してみたください。

立ち仕事による脚のむくみをなんとかしたい

私は、毎日8時間ほどの立ち仕事をしています。そのため夕方になると脚が重苦しくなりむくみます。短かいソックスを履いていますが、夕方にはソックスのゴムのあとがくっきりとつきます。

ですのでソックスはゴムのキツくないものを、選んで買うようにしています。

入浴中のマッサージ

bass

私のむくみ解消法ですが、家に帰ってからまず入浴をすることからはじめます。入浴する事により血行が促進されます。その後にブーツの様なものを履き、空気圧で締めたり緩めたりしながら血行を促します。

圧で締められたときは苦しくかんじますが、緩めたときの気持ちよさがあります血液が流れていく感覚をあじわえます。20分から30分程横になりながら行ないます。
これだけでもだいぶ脚が軽くなり、むくみがとれた感じがしますこの機械は、手術の時、血栓防止につかわれているとききまし。

この機械が終わるとつぎは、マッサージをします。マッサージにはボディークリームがかかせません、脚腰にたっぷりボディークリームをぬります、脚の下から上へ向かってゆっくりとマッサージをします。

固くなっていたふくらはぎも少しづつにやわらかくなっていきます。私のオススメは、自分のすきな香りのボディークリームを選ぶことです、その香りでリラックス効果もありますね。私はたっぷりボディークリームを塗るので、200グラムのボディークリームを半月ほどで使いきってしまうこともあります。
マッサージと保湿両方に効果てきです。

睡眠の時にもむくみ対策

これだけでも充分なのですが。寝るときには、タオルをたたんで布団の足元におきます、できるだけ脚を高くして寝るようにしています。

脚のむくみにはかかせません。寝ぞうが悪くて、タオルを蹴っている事もありますが、脚を高くして寝るのも気持ちいいです。脚のむくみは蓄積すると脚が太くなると聞きました。ですので私は、できるだけその日のむくみはその日のうちにとるように心掛けています。

私のがんこなむくみには、これくらいしないといけません。つぎの朝快適に仕事が出来るように日々むくみ解消に努力しています。

たまには自分へのご褒美にとプロの方にマッサージをしてもらいます。私はゆっくりとやさしくしてもらえるハワイアンタイプのマッサージがすきです。うとうとしてしまうくらい気持ちがよくて寝てしまいます。つぎの日のもみ返しは全然ありません。

足のむくみの原因とデスクワークのむくみ解消法

仕事で1日中立ったまま作業をしていたりデスクワークでずっと座り放しになっている時は足がパンパンに張ってしまう事があります。

足がパンパンに張るのは激しい運動をして乳酸が溜まってしまっている時も同じような症状が出ますがそれとはまた異なっていて足がむくんでしまっているのです。

むくみ

むくみはいろいろな部位がむくむ事が多いですが特に足がむくんでしまう事が一番多いです。むくみの原因はいろいろあるので見ていきましょう。

血流の流れ

長い時間立ったままの状態でいると血流が悪くなって血液が足に溜まってきてしまう事があります。血液が多く溜まってしまうとむくみになってしまった足がパンパンに張ってしまいます。それによって立っているだけでもつらくなってしまいます。

乳酸が溜まる

激しい運動をすると乳酸が溜まって足がパンパンに張ってしまいますが、運動不足になると今度が足の筋肉が衰えてきてしまって水分が溜まりやすくなってしまいます。水分が溜まり過ぎてしまうと血液が行き渡らなくなってしまって血行不良になってしまいます。それによって足がむくんできてしまいます。

足がむくんでしまった時の解消法はストレッチとマッサージをやると効果的です。むくみの原因にひとつに血行不良があるのでストレッチやマッサージをする事によって血行をよくする事が大切です。

むくみにはストレッチのマッサージが効果的

ストレッチとマッサージはともに体が柔らかくなっている入浴後にやるのがおすすめです。ストレッチは足だけではなく全身をストレッチして体の柔軟性を高めていきます。体の柔軟性が付いてきたら血液の循環も良くなってくるので足に水分が溜まりにくくなります。またマッサージは足首から膝にかけて外側と内側を両方指の腹の部分で押していきます。その後に裏膝からふくらはぎにかけてしっかり揉んでいきます。ストレッチもマッサージも入浴後毎日するようにしましょう。

むくみの原因は血行不良の他に運動不足で筋肉が衰えてしまっているのもあるので下半身の筋肉を強化するために定期的にウォーキングを取り入れてみましょう。ウォーキングはダイエット効果もあって20分以上やると徐々に脂肪が燃焼していきます。それと同時に脂肪を筋肉に変える事が出来るので下半身強化にもなります。あまり無理はしないで自分ペースで定期的に1時間以上ウォーキングをすれば徐々に効果が出てきて足のむくみも解消されていくでしょう。